真夜中の西山先輩3話

前回までの西山先輩は…。


私達が暮らしている寮は昔、
開拓兵※屯田兵とも呼ぶらしい※が使用していた宿舎であった。
そして。
そこでなんと
エゾオオカミを「言えない様な、なまらいずい」事をしていたのだった!






春休み
しずまりかえっていた暗闇の空間を
金属音が支配した

ゴーン、

ゴーン、、

寮の入口にある古時計が時を告げて、12回のベルを鳴らす

そう、深夜12になったのだ。




今日、真相を暴くべく参戦したのは…



結局いつもの4人だった



K村先輩
T岡君
Y田君
そして、私。

他の寮に残っている面子は出掛けるなり遊びにいったりなりで
寮内には居ないようだ。
因みに西山先輩は寮に残ってはいるが所用があるとの事で参戦しなかった
なんでも
どうしても借りてきたビデオテープを見たいらしい
普段なら首をすぐ突っ込むのに、、、
めずらしい。

このメンバーにとって
今回の案件はまさに呪いを解く為の冒険
各人、あの『音』に悩まされて
眠れない日々を過ごしている人達なのだ!
たから此処に集まった
この呪いをといて、一刻も早い安眠を手に入れるために。。

12時を、廻り
ついにあの『音』が聞こえ始めた。
その『音』は
叫び声なのか
それとも断末魔の悲鳴なのか
ただ単に、猫が鳴いている鳴き声なのか…

わからないが
確かに聞こえるその『音』
私たちはそれが、聞こえる方へと意識を集中した。



T岡「あの『音』が聞こえる…どこから…」
Y田「屋上いや、、地下から?」
K村先輩「地下…まさか‼」


K村先輩が何かに気が付き、1階中央の食堂にむかいだす
私たちもそれについていった。


K村先輩「皆は知らないかも知れないけど、昔の北海道の建物には
※198X年代※地下に貯蔵庫が造られているんだ」

T岡「つまりそれって」

K村先輩「ああ…。」

Y田「地下室に『音』の正体が」

私「居る」


1階中央の食堂についた私たち、
厨房に地下に降りる秘密の※別に秘密でもなんでもないが、表現的に※地下
収納扉を開いた

すると、、


ぐごごごごお
おおおおーー



おそろしい『音』が私たちを出迎える

私たちは意を決して奥に進む…

強い風と共に『音』が、おそいかかる

私「カムイの呪いだーー!かえろうようぅ!」
びびる私を横目に

K村先輩「大丈夫さ」

K村先輩「この強風と『音』でだいたい謎はとけた!」
マジかよという顔のT岡とY田


K村先輩「あとはこの暗闇の先まで行くだけだ!」

びびり過ぎて、Y田の背中にくっついて離れなくなる私。


そして、ついに地下室の暗闇の先に『アレ』を発見したのだった。




K村先輩「ん?」
T岡「これはなんだ?」
Y田「ミイラ、なのか」

しばれきった地下室の暗闇の向こうに
シェパード位の大きさの
謎の生物の亡骸がらあった。

かなりの年月
そこにありながらも、決して朽ち果てず
誰かをまっていた、そんなモノがそこにあった。


私「先輩。これってもしかして、あの…。」

K村先輩「ああ、そういう事だ
これがこの寮に伝わる伝説の正体だ」




そのシェパード的な物体の向こいう側に拳程の穴が空いていて
そこから、春先になると吹く強風が入り込んできて
まるで人の叫び声のような
動物の断末魔の悲鳴の様な
恐ろしい『音』になって、私たちに聴こえてきたのだ。

春の偏西風と
寮に残って居るよ限られた人間にしか聞こえなかったこの現象

伝説に残るにはたしかに
条件がよかったわけなのだ!。





T岡「何十年ここにいたのかは知らないけど弔ってあげなきゃですね」
Y田「俺もそう思うよ…。」

翌日、私たちは知り合いのお坊さんに、供養をお願いした。

それと同時に寮の管理人に穴をふさいでもらい
『音』が出るのを止めてもらった。
偶然とはいえ、あの『音』は


あのシェパードくらいの大きさの「生物」が
もう、我々は絶滅してしまうのだろうか
と言う、種の限界点を嘆いていたように聴こえてならない





現に
エゾオオカミ
1880年から1890年の僅かたった10年間に
一気に絶滅の道をたどってしまったのだから。。。
日本オオカミ
絶滅。。


結局、シェパードのような大きさの「生物」の正体は最後まで分からなかった

かくして、私たちは安眠が戻ったのであった。


翌日の夜中…


また、似たような『音』が聴こえてきたのだ‼

ふあーーん
ふあーーん

遠くに聴こえてくるその『音』
それはまるで、猫の鳴き声の様にもきこえたが
昨日の今日の事で私は恐ろしくて布団にうずくまってしまった!
私「やっぱりカムイの呪いだよー!呪いはとけてかったんだやー!」


すると私の部屋をノックする音
K村先輩「聞こえるか?光!これは呪いの『音』なんかぢぁない」

K村先輩「今回の犯人は西山だ!
あいつの部屋から『音』がするんだ!!」

K村先輩「聞こえるかーー!光!。」



その瞬間
西山先輩が、今回の『音』の騒動に
何故、参加しなかったのか
何故、彼が居ないときの深夜に『音』が発生してのか

私の中で、点と線が繋がったのであった





犯人はおまえかーーーー!!!




察しが良い方は既に今回のオチに気が付かれていたようですね💦
もっと文章を勉強して
面白く書きたいと思ってます!


今日も来て下さり、ありがとうございます☆

おやすみなさい、光クンより。。

筆者疲労の為、今日はお休みです。

西山先輩部活休むみたいです。

せめて、今日職場近くで見つけた桜の花をアップ!
https://www.instagram.com/p/BvN6kGcHPMh/
Instagram post by 光 • Mar 20, 2019 at 4:53am UTC

みなさま、桜の開花は
いよいよ明日です☆
https://www.instagram.com/p/Bu5el5vH7og/
Instagram post by 光 • Mar 12, 2019 at 6:24am UTC


申し訳ありませんが今日はもう、ねます
明日をお楽しみに。
光クンより。。

真夜中の西山先輩2話

実は…春休みに入ってからあの『音』は聴こえているんだ
そして、あの『音』に関する重大な出来事を俺は知っている。


K村先輩は語りだした。



K村先輩「これは、卒業していった先輩のそのまた先輩達が
聞かされていた、なかば伝説のような話なんだけど…。」


1890年代の頃(明治23年前後)

私たちが暮らしているこの寮は
多目的な宿舎であったらしい。

その目的の1つに
内地からこの地に来た開拓兵達の宿舎として使う事があった。

江戸時代後期に置いて
突如として北海道に巻き起こったゴールドラッシュ
それから30年近くたった1890年頃にあっても
度々発見される金に
開拓兵達は夢を追い求め、この地に来ていたらしい。


しかし、金が取れる場所は大自然の中
出くわすのはヒグマとエゾオオカミ

金を探すのも命がけだったようだ。


そんな中、一人の開拓兵が
エゾオオカミの皮をはいで売ろうと考えた用で
生け捕りにしたエゾオオカミをこの寮のまで連れて帰ってきたらしいのだ。

アイヌの民の中で
エゾオオカミは神聖な生き物

そんな目的の為に殺すと、カムイの怒りを受ける

と、言われたのにも関わらず

そのエゾオオカミを殺してしまった…。


それかららしい

この寮で
春先になると、夜中に
叫び声のような…『音』が聞こえるようになったのは…
※K村先輩談。


私「こ、こわいカムイの呪いじゃあないですかあ💦」
K村先輩「だろ、100年近くも受け継がれている話だよ。」
K村先輩「だからさ、、、」

私「???」

K村先輩「今夜、突き止めにいかないか!?俺たちで、その『音』の場所を!」

私「呪われたくないんですけど…」

K村先輩「科学全盛の時代に呪いなんかあるかよ!よしやろう!」


そうして、ビビる私を横目に
真相の究明を固く決意するK村先輩が
熱く燃えだしたのです!


次回
寮の地下に秘密の部屋が…!?西山先輩はいつオチを出してくるのか?たぶん最終回
にご期待ください(笑)

スミマセン明日も早いので、今日はここまでです!
いつも読んで頂いてありがとうございます!本当にうれしいです☆光クン。

真夜中の西山先輩

春の足音も聞こえだした今日この頃、いかがお過ごしでしょうか

光KUNです。

 

今日は久しぶりの西山先輩シリーズ

私が体験した

少しホラーなお話をしたいと思います。

 

 

それは春休みのある日、私達が暮らしている寮で発生した出来事…。

 

 

上級生が卒業し、私たちは二年生、西山先輩たちは三年生にそれぞれなっていた

 

上級生がいない上に春休みで故郷に帰っている者たちも居るので

寮の中は異常な静けさに包まれていた。

そんな中、私を含む数名は

新たに来る生徒たちを迎え入れる準備をするため

寮に残っていた(アルバイト代に目がくらんだとも言う。)

上級生の面影を残す部屋を清掃しながら、彼ら思い出と対話しつつも

新たに迎え入れる生徒たちの事を考えたりして

ワクワクした日々を過ごしていた。

 

そんなある日の夜の事だ。

 

電気をつけたままうたた寝していた私の耳に

聞きなれない音が聞こえてきた。

 

…なんだ??

…これは…叫び声!?

 

完全に意識を取り戻す私

かすかではあるが…

確かに何か聞こえる

 

それは動物の声なのか

それとも人の声なのかは判断しえない

だが確かにその『音』だけは聞こえるのだ…!

 

時刻は12時を回っていた

私は恐ろしくなり

布団をすっぽりと頭からかぶり

その『音』が終わるのをひたすら耐えていた

やがてそれは聞こえなくなった…。

 

翌朝、睡眠不足気味の私は

K村先輩に昨日あった出来事を話した、すると…

K村先輩「それ、俺知ってる…」

私「…え…?」

K村先輩「昨日だけじゃあないんだよ、それ。

俺は春休みにはいってからずっと聞こえている、夜中にさ…」

私は絶句した

だがここから、私たちは

さらに奇妙な出来事に遭遇していく。

 

続く。

 

 

 

(明日早いんで…すんません💦)

 

最終兵器。

今日も読んでくれてありがとうございます、光KUNです。

 

私は二日酔いで

土曜日という、貴重な休みの日を失ってしまいました。

 

大人になってからの休日って…

ほんとに貴重ですよね…涙

 

だが今日は思い切り休みを満喫するぞ!

胃薬に、ソルマックトマトジュース割りを飲み

完全回復!!!※その節はお世話になりましたm(__)m※

なので、今日は朝から活動して

昨日やろうと思ってできなっかった事をしようと思います!

 

それが

これだっつ

f:id:mitukunkun:20190317123036j:plain

小豆柴の郷に行くーー!

その郷は、秋葉原にあります。

 

ここは

マメ柴よりさらに小さいアズキ柴が

集団で襲い掛かってきてクンクンしてくる、癒しの空間らしいです。

ただ猫カフェみたいに引き寄せたり抱っこしたりできないので

そこは割り切って

アズキ柴を鑑賞するだけの所だと思って入店しないといけないようですね。

 

いざ入店!

 

f:id:mitukunkun:20190317125043j:plain

たたみ12畳ほどの空間に沢山のちっちゃな生物がーー

か、かわいい。。。

 

奴らは、しきりに足元の匂いとか靴下の匂いを嗅いできます

そんなに匂いかいでも、靴下からは何もでないよ~

 

f:id:mitukunkun:20190317125327j:plain

あと、基本足元をウロウロするので

座れる場所があれば

早めに座った方が良いですね、犬も落ち着くので。

 

で、最初はこちら側から手を触れず

じっとしていると

犬の方から寄ってきます。

無理やりさわりに行くと嫌がられます

頭をなぜろと言わんばかりにすり寄って来るので

優しくなでてあげましょう☆

 

もう1段階、慣れてくると

向こうから膝の上に乗ってきます、

その時はよしよしヾ(・ω・`)してあげましょう

ここでは引き寄せや抱っこは禁止ですが

犬の方から膝にのったりしてくるのはOKなので

そこがウリだったりします。

 

本来ならばここでワンちゃんの顔のアップでも

写真を載せたい所なのですが、

余りにも夢中になりすぎてとれませんでしたゴメンナサイ💦

 

そんなこんなしていると

あっと言う間に時間になってしまいました

30分で完全入れ替えなのです。

 

せっかく仲良くなったワンちゃんを

膝から降ろし、なくなくお別れ。

 

この時、ワンちゃんは

ちゃーんと出口までお見送りしてくれます

「寂しーよー、また来てね」と言わんばかりの様です

カワイイなああ

家に連れてかえりたいよ。

 

そんなわけで、日曜の午前中に有意義にワンちゃんと戯れる

事ができました!

この最終兵器たちは本当に可愛かったです!

ちっちゃいだけで、皆成犬なんですけどねー。

それでも、また次も行きたいです♪

 

 

さて、午後は何をしようかな?

 

以上、光KUNの今日のニュースでした。

二日酔い。

社会人になったら絶対やらないといけない事

 

接待と、

二日酔い。

 

 

昨日の金曜日、

転職先の職場で

久々にお酒の席に誘われました

 

 

お得意様が来るというので

新人の自己紹介を兼ねてのもう…。

 

という事だった。

 

転職して約三カ月

会社に対して、失礼な事をしてはいけない

そう思った私は

実にかなり久々に飲み会に参加したのであった。

 

しかしわすれていたYO

接待と二日酔い

それって

セットだよね

むしろ

バリューパックじゃあないかと

私は思う。

 

物凄く気を使わないといけないのに

さんざん飲まされる。

 

ようやくかほうされ

昨日の夜中にホウホウの体で帰ってきて、

そのまま寝てたのに

気が付いたら一日終わってるじゃあないか

この気持ち悪さは地獄かYO。

 

そんな訳で

 

具合が悪いので(二日酔いが治らない)今日の面白ニュースはお休みです。

ごめんなさい。。

 

 

 

どなたか二日酔いを早く治す方法を伝授してください(涙)

以上、光KUNからでした。。。

必殺、つくばEXとは。

つくばEXとは、つくばエクストラの略である。

 

f:id:mitukunkun:20190315083935j:plain

まるで

イバライガーの必殺技

みたいな名称であるが…

この場合のエクストラは『特別な』もしくは『規格外な』が当てはまる

であろう、つまりは

つくばは特別な所だよ!筑波山もあるよ!

とか

つくばには規格外な山があるよイニ〇ャルDも、びっくりさ☆

と、いう事になる。

「つくばEX」

この言葉には

つくばに掛ける情熱が隠されているのかも知れない

これだけ、つくばをリスペクトしてくれるのはとても珍しいので

私は制作者の愛を感じられずには居られないのだ。

 

以上、今日のニュースでした。

 

 

 

…。

 

 

 

ウソでーす!

 

チラシの文字の間違いに気が付いたから乗せてみました( ´∀` )

本当は

「つくばTX」が正しいなまえだYO

※TXはエクスプレスの略。※

でも

何だか強そうだからこれはこれでありかな(笑)

 

以上、面白ニュースを光KUNがお送りしました

今日も元気に、いってらっしゃい☆